2012年8月6日月曜日

神通川の鮎


今年最初の友釣りに富山の神通川に釣行しました。
地元の千曲川、更埴漁協の組合員ですが、最近はこの川をホームグランドとしています。

長良川はも日本一の川ですが、この神通川も素晴らしい川です。
ほとんどが天然遡上で、飛騨山脈より流れる水はミネラルが豊富なため、鮎の味も最高です。
最近では関西、東北からも来られる方が居るくらい魅力的な川です。

鮎は川魚ですが、鮭同様、海で過ごし、春に川を遡上し、1年で生涯を終えます。
餌は石の表面に生える硅藻類を食べており、この縄張りを利用した釣りが友釣りです。

写真は富山空港まえで、目の前を旅客機が離発着しており爆音が轟きます。
とにかく、あたりと引きが強く、9Mの竿が限界まで曲がり、最高の気分を味わえます。

この日は平日で、多くの人が来ておりましたが、43匹ほど釣れ、大型も多かったです。


普段御世話になっているお客さんに差し上げると、本当に喜ばれます。
早速翌日配りました。

締め方を間違うとせっかくの鮎もおいしくいただけません。
大量の氷を砕き、氷水を用意します。
そこに生きたままの鮎を投入し、内臓まで完全に冷やします。
しばらくしたら水を抜いて完了です。
鮎を家庭用のガスレンジでおいしく焼くコツは、一番弱火で長時間焼く事です。
30分ほどかけて焼き枯らし、水分を飛ばせば、炭火で焼いた近い状態で召し上がれます。



今回は娘が炭火で焼きましたが、最高でした。
痛風ですが、キリンラガーを飲んでしまいました。




0 件のコメント:

コメントを投稿

ランクル77 40万キロ目前

平成7年式 HZJ77も走行距離396000キロになりました。 毎日乗っているのに飽きませんし、運転することが楽しい車です。 小さな修理は何度かしましたが、40万キロを目前に色々と修理することになりました。 エンジンと足回りは問題ありませんが、ボディーは錆が目立ちます。...