2013年5月9日木曜日

昔の登山用品

登山を始めようと思ったのは良いのですが道具にお金はかかります。
三種の神器、ザック、靴、レインウエアーは以前勤務していた某組織で支給されたものがありました。

東京で仕事と酒に明け暮れていた私が、希望配転で群馬の調査所に勤務が決まり、スキーと釣り、酒ざんまいの日々を送っていたとき

そこで支給されたものが、

                                                                      
 
                         ミレのザック(おフランス)   
 
                          
 
スカルパの靴(イタリア)
 
ノースフェイスのレインウエア(メリケン)


もう20年ほど前になるので古いものになりますが、十分使用できます。(さすがは舶来もの)
しかし、ノースフェイスのゴアテックスのレインウエアは経年と使用によりしわくちゃになり、艶もはっ水性も劣化しておりました。

新しくモンベルのレインを購入したので捨てようかと思いましたがネットで調べアイロンとはっ水スプレーを使ってみると、艶・、はっ水性が復活しました。

新品とは申しませんが、色まで濃くなった感じです。これにはびっくりです。

なぜ当時の支給品にモンベルがなく、舶来品かというと・・

公共工事に反対する自然活動家をモンベルが支援しているから?という大人の事情らしいです。

コッフェル、コンロは渓流釣りに使ったものがありますし、シュラフ、テントもあります。

そういえばこの三種の神器をもって新婚旅行でカナディアンロッキーにトレッキング行ったなー。

夏までに練習で日帰り登山数回こなし、今年は唐松、常念、鹿島槍、秋の涸沢ぐらいは行きたいと思います。






 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ランクル77 40万キロ目前

平成7年式 HZJ77も走行距離396000キロになりました。 毎日乗っているのに飽きませんし、運転することが楽しい車です。 小さな修理は何度かしましたが、40万キロを目前に色々と修理することになりました。 エンジンと足回りは問題ありませんが、ボディーは錆が目立ちます。...