2015年4月22日水曜日

テレビ故障

2009年に購入したTOSHIBA レグザZ9000が録画できなくなりました。再生もできません。

テレビ大好きの私しとしては困ります。、なんか気持ち悪いですし、気になります。

このテレビは2画面表示で2チューナー、USB外付けHDDに裏番組2つ録画でき、当時としてはなかなかのスペックでした。

ブルーレイレコーダーもあるのでそちらに録画できますが、なんか嫌な気分です。

システムを紹介します。ブルーレイレコーダーがパナで、テレビの外付けHDDの録画番組をブルーレイレコーダーに移動できるようにアイオのRECBOXもLAN接続しております。

全てLANで接続してますのでDLNA対応なら、他の部屋のテレビやPCもブルーレイレコーダーとRECBOXの録画番組が観れます。

それはともかく原因を探ります。

埃だらけのテレビ裏。恥ずかしい。
良く見ると、テレビのUSB差し込み口の樹脂が無くなり、中の端子が曲がってます。(猫の仕業?)

こんなもの交換したら基盤ごとですし、新品買った方が安いでしょう。

でも直したい。このままテレビを買うのは悔しい、負けた気分です(誰かに負けた訳ではない)

細いペンチで巾1mm程度の端子を慎重に戻し、形を整えます。樹脂は昔のPC(ドナー)のUSBを基盤ごとと外し、樹脂部分を切断して取り出しました。(移植臓器)

樹脂をテレビのUSB端子に慎重に入れ、そして4本ある端子を樹脂の溝に埋め込みます。ほとんど移植手術です。

二度とは外せないのでUSB延長コードを差し込みます。そして電源を入れHDDに繋げると。

またもや 何という事でしょう。(ビフォーアフター風)

直りました。達成感マックス、最高の気分です。

気分は「プロジェクトx」か「プロフェッショナル仕事の流儀」です。仕事じゃないけど。








0 件のコメント:

コメントを投稿

ランクル77 40万キロ目前

平成7年式 HZJ77も走行距離396000キロになりました。 毎日乗っているのに飽きませんし、運転することが楽しい車です。 小さな修理は何度かしましたが、40万キロを目前に色々と修理することになりました。 エンジンと足回りは問題ありませんが、ボディーは錆が目立ちます。...